太陽光発電の買取価格と賦課金(FIT制度)

住宅用太陽光発電、事業用太陽光発電の買取価格(いわゆる売電価格と言われるもの)と再生可能エネルギー普及のための賦課金について情報をまとめました。
詳しくは当社スタッフにお問い合わせ下さい。

 

固定価格買取制度の仕組み

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」は、再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度です。電力会社が買い取る費用の一部を電気をご利用の皆様から賦課金という形で集め、今はまだコストの高い再生可能エネルギーの導入を支えていきます。この制度により、発電設備の高い建設コストも回収の見通しが立ちやすくなり、より普及が進みます。

 

2021年度の買取価格 (太陽光発電)

①住宅用太陽光発電(10kW未満)

電源 規模 (参考)2020年度 2021年度
住宅用太陽光発電 10kW未満 21円 19円

②事業用太陽光発電(10kW以上50kW未満)

電源 規模 (参考)2020年度 2021年度
事業用太陽光発電 10kW以上
50kW未満
13円+税 12円+税
(※)2020年度から、自家消費型の地域活用要件が設定されています。

 

③事業用太陽光(50kW以上250kW未満)

電源 規模 (参考)2020年度 2021年度
事業用太陽光発電 50kW以上
250kW未満
12円+税 11円+税

④事業用太陽光(250kW以上)

2021年度の買取価格は、入札により決定します。2021年度の入札回数は4回です。上限価格は、それぞれ、11.00円(第8回)、10.75円(第9回)、10.50円(第10回)、10.25円(第11回)です。

(※)括弧内の回数は通算回数です。
 

再生可能エネルギー発電促進賦課金とは

固定価格買取制度で買い取られる再生可能エネルギー電気の買い取りに要した費用は、電気の使用者から広く集められる再エネ賦課金によってまかなわれます。再生可能エネルギーで発電された電気は、日々使う電気の一部として供給されているため、再エネ賦課金は、毎月の電気料金とあわせていただいています。

 

2021年度の賦課金単価

  • 2021年度の賦課金単価は、1kWh当たり3.36円と決定しました。目安として一ヶ月の電力使用量が260kWhの需要家モデルの負担額を見ると年額10,476円、月額873円となります。
  • 2021年度の賦課金単価は、2021年5月検針分の電気料金から2022年4月検針分の電気料金まで適用されます。

 
(当記事は経済産業省 資源エネルギー庁 ホームページの情報を元に作成しました)

太陽光発電なら福島のアース株式会社
〒960-0231
福島県福島市飯坂町平野字桜田20-17
TEL 024-573-6366 FAX 024-573-6367
staff@solar-fc.com
<加盟・登録>
一般建設業 福島県知事 許可(般-29) 第28632号
電気工事業 福島県知事登録 第1124008号
東北電力 電化普及協力店 エルパルショップ

京セラ 太陽光発電 販売代理店
京セラ 住宅用ソーラーエネルギー製品 サービス指定店
(メーカー点検・修理)

シャープ 太陽光発電 特約店

Looopソーラー事業 代理店・施工店
Looopでんき 代理店 (新電力取次店)

ソーラーフロンティア 販売店・施工店
(旧 昭和シェルソーラー)
長州産業 販売店・施工店
Qセルズ 販売店

パナソニック PV登録施工店
LIXIL太陽光発電システム 施工店
三菱 太陽光発電 販売店・施工店
東芝 住宅用太陽光発電システム 販売店・施工店
カナディアン・ソーラー 販売店・施工店
太陽光遠隔監視装置 Solar Remon(ソーラーレモン) 販売代理店

福島県庁消費者組合 指定店  ほか
Top